閉じる

FOD

ワールドカップバレー
プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

役者魂!

#7 本能寺VSできちゃった結婚

時間:46分

配信期間:2012年04月02日 21時00分 ~

視聴期限:購入から8日

本能寺海造(藤田まこと)は、3人の娘のうち誰かに自分の家で暮らしてもらい、福田桜子(川島海荷)と忠太(吉川史樹)の面倒を見てもらおうと考える。そして、本能寺は、烏山瞳美(松たか子)と子供たちを伴い、まずは、長女を訪ねる。長女・高橋一子(畠山明子)は、会社を経営する夫と城のような豪邸に住んでいた。本能寺は事情を話し協力を求めるが、愛人との間にできた子供など関係ないと断られる。次に、IT企業の社長と結婚し、豪華なマンションに住む次女・上田二美子(久保田磨希)を訪ねるが、本能寺たちを見るなり小切手を差し出し、帰ってくれと冷たく言う。さらにそこで本能寺は、三女・美津子(紺野まひる)が、自分に相談もせずに結婚を決めていることを聞き、ショックを受ける。その後、本能寺の引退公演となる「リア王」の準備が進み、顔合わせが行われた。瞳美は、演出を担当する社長・柳沢(香川照之)から「リア王」の概要を聞かされ、ハッとする。老いた国王・リアが、3人の娘たちに裏切られるという展開が、本能寺に今起きている事態に、そっくりだからだ。しかし「リア王」では、三女だけは、父親を愛し誠実に接するということを知った瞳美は、本能寺に三女に会おうと言う。戸惑いつつも、三女・美津子に電話をかける本能寺。その夜、美津子は、妊娠8カ月のお腹で本能寺家へやってくる。瞳美が結婚式の日程を尋ねるとクリスマスイブだと言う。その日は「リア王」の最終日で、出席できないと言う本能寺に、美津子は・・・。

すべて表示