閉じる

FOD

ファイアーボーイズ~め組の大吾~

#6 病院火災と家族愛

時間:46分

配信期間:2012年04月02日 21時00分 ~ 2020年03月31日 23時59分

視聴期限:購入から8日

大吾(山田孝之)は、山伏工業の救出劇で負ったケガも癒え、久しぶりに任務に戻った。すると、出張所には平(石黒賢)の息子・勇気(須賀健太)がいた。小学校の自由研究で、働く消防士を取り上げるのだという。親バカの平は、そんな勇気のことがかわいくて仕方がない、といった感じだ。
その時、め組に出場指令が入った。勇気を乱暴に押しのけてポンプ車に飛び乗る平。幸い現場はボヤ程度で済み、大事には至らなかった。
後処理の最中、大吾は平に不満をぶつけた。いくら出場とはいえ、平の行為は酷い、と思ったからだ。しかし平は、家族には普段からよく言い聞かせてあるから、と意に介さない。め組の面々が帰所すると、純(ミムラ)が大吾に駆け寄った。大吾の祖母・ハツ(花原照子)が救急車で市立病院に運び込まれたのだという。大吾は、所長の五味(鹿賀丈史)の許可を得ると、慌てて病院へと向かった。
大吾が病院に到着すると、ハツはベッドの上でのんきにまんじゅうを食べていた。ハツは散歩中に転んでねんざしただけだったのだ。そんな大吾に興味を持ち、話しかけてきたのはハツと同じ病室の入院患者たちだ。大吾は、患者たちに乗せられて、現場での経験談を熱く語り、喝采を浴びていた。
あくる日、大吾の元に平がやってきた。勤務がある自分の代わりに、誕生日を迎える勇気の相手をしてほしい、と大吾に頼む平。するとそこに、平の妻・美紗子(西牟田恵)から電話が入った。勇気が、川に釣りに行ったまま戻らない、というのだ。
そこに、出場指令が入った。工場でのオイル漏れ事故だった。平は、「勇気のことは任せた」と美紗子に告げると、電話を切って直ちに出場した。
現場に向かう車の中で、大吾は平に、家に戻るべきではないか、と進言する。しかし平はまったく耳を貸さないばかりか、家族も守れないような人間に他人を守ることが出来るのか、という大吾の言葉に怒り、襟首を掴んで彼を睨みつけた。
オイル漏れ事故の危険排除を終えて出張所に戻った平は、すぐさま家に向かった。ちょうど交代の時間だった大吾やまひる(内山理名)もその後に続いた。
平たちが河原に着くと、警察や消防団がまだ捜索を続けていた。指揮をとっていたのは五味だった。五味の指示で、捜索隊とは別の場所を探しに行った大吾は、土管の中に隠れていた勇気を発見する。勇気は、寂しさのあまり、父親を困らせようとして家に帰らなかったのだ。その思いを知った大吾は、勇気のことを叱りつけた平にかみついた。
そんな騒ぎの中、め組に出場指令が下った。現場は市立太田病院?ハツが入院している病院だった。

すべて表示