閉じる

FOD

アンフェア

#10 絶望の涙!黒幕と運命の対決へ・・・

時間:46分

配信期間:2012年01月31日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

誘拐事件の共犯者が蓮見(濱田マリ)だと知った雪平(篠原涼子)は、やってきた蓮見のマンションで、手の甲にバツ印の傷を付けられ倒れている蓮見を見つける。荒らされた室内には、牧村(木村多江)を狙撃したと思われるライフルと、そして、和夫(香川照之)の名刺が残されていた。首を絞められ重体となっている蓮見は、病院へ搬送される。
捜査本部では、広真建設社長・広田(伊藤洋三郎)、日報新聞編集長・武田(大河内浩)、蓮見と続いた「バツマーク連続殺人事件」の犯人が同一犯であることなどが、検視官・三上(加藤雅也)から報告された。蓮見の部屋に和夫の名刺があったこと、遺留品のコーヒーカップから和夫の指紋が検出されたことから、和夫の犯行でほぼ間違いとの見解も示される。雪平は、和夫を擁護するが、刑事たちを納得させる証拠はない。
蓮見のいる病院を訪ねた雪平は、眠る蓮見に「どうしてあんなことをしたの?私たち友達じゃなかった?・・・どうして?」と語りかける。しかし、蓮見が答えることはない・・・。そこへやってきた安藤(瑛太)に雪平は、「お前のときと逆の罠を張る」と告げる。雪平は、すでに病院内に、医療スタッフに変装させた捜査員を、配備していたのだ。
そんな折、雪平の携帯が鳴り、新たにバツマークの殺人が起こったと連絡が。被害者は、雪平が瀬崎(西島秀俊)を撃ったとき、人質に取られていた岩崎書房の編集者・森川(大高洋夫)だ。広田、武田、蓮見の3人は、和夫との接点があったが、森川は面識さえないはずだ・・・。
その夜、蓮見のいる病院に、白衣を着た男が入ってくる。男は歩きながら発炎筒を転がすと、非常ベルを叩く。激しく鳴るベルのほうに、変装した捜査員たちは急行する。そこへやってきた雪平は、思いたったように捜査員たちとは別方向へ走る。蓮見の病室にやってきた雪平は、そこで白衣の男を見つけ「誰だ!」と、男に迫る。
翌日、再びバツマーク殺人が起こった。今度の被害者は、作家・久留米隆一郎(井上順)だ。小久保(阿部サダヲ)ら刑事たちは、和夫が正義の名の下に、不正を行った者を次々に殺しているのではないかと雪平を責める。
犯人に一番近いのが和夫であることは間違いないが、雪平は確証をつかむまで、和夫を信じようとするのだった…。さらに、接点を持たなかった事件が、とあるサイトの存在により、いよいよその全貌を現そうとしていた――。

すべて表示