閉じる

FOD

消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

蜜の味~A Taste Of Honey~

#8 2011年12月1日放送 わたしは絶対に許さない。あなたは永遠にわたしの夫よ!・・・タブーというアドバンテージを持つ二人

時間:46分

配信期間:2011年12月06日 16時00分 ~

視聴期限:購入から8日

森本直子(榮倉奈々)は、則杉康志(溝端淳平)から、交際していた8年もの間、自分を騙していたと責められる。頼陽華(木村文乃)の必死の弁明も届かず、康志はついに「別れよう」と告げる。しかし、直子は黙ったまま何も言うことができない。康志が出ていった後、直子は自分が再び池澤雅人(ARATA)に惹かれていることを自覚する。康志を愛したいのに愛すことができず、封印したはずの思いが再燃してしまうことが、直子には哀しい。
一週間後、病院では霧島(佐野史郎)と滝ノ原(升毅)の一騎打ちと目される医学部長選が始まった。病理学教室の彩(菅野美穂)、陽華、細川裕司(山崎樹範)は淡々と仕事を続け、外科病棟の雅人は直子を従え患者に病状を説明していた。一方の康志は、蓑屋進(近藤公園)から、直子のことは忘れて新しい恋を探すようすすめられるが、聞き流す。
雅人は彩を呼び出し離婚届を出してくれたかどうか確認すると、破り捨てたと告げられる。直子との関係性を隠し通し、自分を騙していたとなじる彩に雅人は、離婚調停も辞さないと告げるのだった。
お互い相手に裏切られた彩と康志。康志は彩のマンションを訪れる。彩は康志に、直子と雅人は永遠にゴールはないのに惹かれ合っている、だからこそ私たちは絶対にかなわないと泣きながら言い放つ。そんな彩を康志はたまらず抱きしめるのだった・・・。 
ある日、直子は雅人が乗るタクシーに同乗し自宅まで送ってもらう。その降り際、雅人が明日、買い物に付き合ってくれないかと言う。
そして翌日、直子と雅人は、雅人の洋服選びを楽しむ。そこでいろいろと話すうち、直子は、8年前のあのキスは何だったのか、と切り出した・・・。

すべて表示