閉じる

FOD

消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

大奥~華の乱~

#9 遺言

時間:46分

配信期間:2011年04月11日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

柳沢邸で催された宴席の最中、吉里が柳沢(北村一輝)と同様に左利きであることから、柳沢の子であると悟った桂昌院(江波杏子)がショックのあまり倒れた。騒然となる中、柳沢は安子(内山理名)を別室に招き入れた。そこにはなんと、死罪となったはずの安子の夫・成住(田辺誠一)が幽閉されていた。柳沢の野望が安子に阻まれぬよう、成住は人質にされていたのだった。思いもかけない再会に涙する安子。
信子(藤原紀香)は信子で病気ですっかり弱った桂昌院に対して、“お末上がりのお玉”と侮蔑しながらこれまでの恨みつらみを述べ、吉里は柳沢の子で、染子(貫地谷しほり)はまだ柳沢と密会していると桂昌院を苦しめる。一方、染子は、世継ぎの母を演じる重圧に耐え切れず、安子に対して「吉里は上様の御子ではございませぬ。」と打ち明けるが、そのやりとりを隣室で聞いていた音羽(余貴美子)と右衛門佐(高岡早紀)が踏み込み、桂昌院の前でそう証言するよう申し渡す。しかし、いざ桂昌院の前に出た染子は葛藤の末、「吉里は、上様の御子」と断言、後見人として柳沢を退かせるのだけはどうか考え直してほしいと必死に訴えたのだった。染子は身の潔白を証明する遺書を用意し柳沢に殺して欲しいと懇願。ほどなくして桂昌院は綱吉(谷原章介)を庇ってくれと安子に後を託し、春日局の幻影を見ながら亡くなった。安子は意を決して綱吉に吉里が実子ではないと打ち明けるのだが・・・。

すべて表示