閉じる

FOD

大奥~華の乱~

#6 殺意

時間:46分

配信期間:2011年04月11日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

大奥という闇の中に、安子(内山理名)が見出した、たった一つの希望の光。それは我が子・長丸であった。看病の甲斐も虚しく、長丸を亡くした安子と綱吉(谷原章介)は茫然自失。長丸が亡くなったのは、お伝の方(小池栄子)のしわざに違いないと確信した安子は、綱吉と桂昌院(江波杏子)にお伝の方を詮議にかけるよう訴える。しかし、いまや唯一綱吉の血を引く徳松の母・お伝の方を罪人にするわけにもいかないとの思いから、桂昌院はついに綱吉から徳松に世継ぎのお墨付きを授けさせるのだった。その上、信子(藤原紀香)が京から呼んだ右衛門佐(高岡早紀)と対抗させ、さらにお世継ぎ候補をとの思惑で、桂昌院は京から新たな側室・大典侍(中山忍)を呼び寄せた。大典侍は別殿を要求し普請が始まる。女性としても自信満々の大典侍は、綱吉に対して積極的で、お伝の方を挑発するほどであった。長丸を失った喪失感から、お伝の方に対する安子の恨みと怒りは爆発寸前・・・背後で安子の不幸とお伝の方とのバトルを楽しんでいる人物がいるとも知らずに・・・。
そして、後日大奥に波紋を呼ぶ子どもが産まれた。柳沢(北村一輝)の側室・染子(貫地谷しほり)にも男児が誕生したのだ。そんなある日、長丸の思い出に浸り安子が庭で佇んでいると、新御殿の普請場で鞠を捜している徳松を見かける。殺意を抱き、憑かれたように徳松に近づく安子。その瞬間、徳松の上に材木が崩れ落ちてきて・・・。

すべて表示