閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

医龍 Team Medical Dragon2

#3 その手術は失敗する

時間:46分

配信期間:2010年10月11日 00時00分 ~ 2022年03月31日 23時59分

視聴期限:購入から8日

朝田龍太郎(坂口憲二)、伊集院登(小池徹平)、藤吉圭介(佐々木蔵之介)は、老患者、西沢孝文(牟田悌三)の扱いで野口賢雄(岸部一徳)に逆らい、北洋病院に左遷された。元チームで、明真大学付属病院に残ったのは、荒瀬門次(阿部サダヲ)と里原ミキ(水川あさみ)だけ。だが、朝田は北洋病院院長、善田秀樹(志賀廣太郎)に新たなチームを作ると宣言する。
一方、片岡一美(内田有紀)は朝田の去ったメイシンメディカルシティー構想に、鬼頭笙子(夏木マリ)を用意し、北洋を静かにつぶす計画を進行しつつあった。
その頃、伊集院は北洋勤務の医師たちのやる気のなさに唖然。明真から自分たちと一緒に飛ばされた麻酔医、小高七海(大塚寧々)、外科医の外山誠二(高橋一生)もしかり。もとから北洋にいる松平幸太朗(佐藤二朗)に至っては、医局で酒を飲んでいる始末だ。
伊集院がへきえきしていると、西沢が運び込まれた。すぐさま朝田はICUへ運ばせ、緊急手術に入る。藤吉はミキから西沢の明真での手術記録のコピーを入手。開胸した朝田は、腫瘍と思われた部分がのガーゼオーマ(手術時の止血ガーゼの取り忘れ)だったと知る。朝田は、手術をガーゼオーマの摘出に変更。心尖部を残すのみとなった時、外山が交代を申し出た。朝田が応じて、外山が剥離しようとした時、それは起きた。バッキング…。不慣れな麻酔医が薬を効かせきれなかったため、西沢の体が反応し、大きく揺れたのだ。外山は心尖部を傷つけ、大量の出血をさせてしまう。
そこに、伊集院が小高を連れて来た。患者の急変にも動じない小高。朝田はそんな小高を横目に冷静にリペアを進めていく。その作業を見つめていた小高は、若い麻酔医に秘かに指示を出し始めた。朝田の迅速な処置で、西沢のオペは終了。朝田は、小高の動きも見逃してはいなかった。
朝田と伊集院、藤吉は西沢の術後カンファレンス。そこで藤吉はミキが持ってきた明真での手術記録を見せる。その記録は明らかに改ざんされていた。執刀医は別の人物となっていたが、真の執刀医は野口であったことが推測された。憤る伊集院、藤吉は西沢に真相を話すことを決意。次第によっては、医療裁判にも進展する重大事だ。
翌日、決意を胸に伊集院、藤吉、そして朝田は西沢の病室へ。だが、そこには片岡がいた。片岡は野口の西沢への伝言を預かってきたと言い、見舞金を携えている。先回りして患者の口封じをしようとする片岡に、伊集院、藤吉は愕然とするのだが…。

すべて表示