閉じる

FOD

重要なお知らせ:6月14日(月)クレジットカード決済機能メンテナンス実施について

古畑任三郎(第2シリーズ)

#7 動機の鑑定

時間:47分

配信期間:2012年04月02日 21時00分 ~

視聴期限:購入から8日

古美術・骨董商春峯堂の主人(澤村藤十郎)と錦織同美術館館長の永井薫(角野卓造)の二人は、老陶芸家の川北百漢(夢路いとし)宅に出向いていた。
同美術館では、来週、歴史的価値の高い『慶長の壺』の初公開を控えていた。そんな中、百漢は二人を呼びつけ「壺は偽物。自分が作り・・・」と製作経過を撮った写真ほか、五年前骨董屋で見つけたという本物の『慶長の壺』を二人に見せ、公表されたくなかったら協会の理事を辞退しろと春峰堂主人に迫った。春峯堂主人と永井は結託して、悪質な取り引きをしていたのだ。
一端、百漢宅を辞した二人だが、再び百漢宅を訪ね春峯堂主人が短銃で百漢を射殺。周囲の壺などに血痕が飛び散るなか、春峯堂主人と永井は強盗に見せかけるために室内を荒らし回り、アリバイ工作のため時計を午後八時半に進ませ壊した。
春峯堂主人は美術品のオークションに、永井は美術館に戻り資料室で仕事をしているように装い窓から抜け出して百漢宅に戻った。オークション会場の春峯堂主人を電話に呼び出してアリバイ工作は成功したかに見えたが、登場した古畑任三郎(田村正和)は、ただの強盗事件ではないと推理する。弱気になる永井。永井は百漢宅から百漢の作品を持ち出していた。春峯堂主人は、その永井に百漢殺害の罪を着せ、自殺に見せかけて殺害した。古美術・骨董に対する観察眼「捨て目」を自慢する春峰堂主人。古畑と春峯堂主人の「捨て目」の勝負が展開される。

すべて表示