閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

神様、もう少しだけ

#7 好きじゃなきゃ、生きていけない

時間:47分

配信期間:2011年04月01日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

薬の副作用が、真生(深田恭子)に出始めた。一方啓吾(金城武)は、真生との関係がマスコミに取り沙汰され、新曲発売が頓挫、その上、真生が受けた取材がもとで、週刊誌に2人の関係が興味本位に取り上げられ、所属事務所にもいられなくなる。
真生がHIV感染を宣言したことを、父・義郎(平田満)は「病気と戦うことと、言いふらすことは違うんだ!」と、真生を強く叱った。悟(佐々木和徳)が自分のせいでかつ上げされるのを目撃した真生は、心からすまないことをしたと思うのだった。
窮地に立った啓吾は、アメリカで出直す覚悟を固めた。そんな啓吾に、カヲル(仲間由紀恵)は未練がましく迫るが、啓吾は相手にしない。真生も週刊誌を読み、啓吾や家族にかけた迷惑に心苦しい。そんな真生を弥栄子(田中好子)は「好きな人がいて良かった。その気持ちを大切にして」と励ますが、立ち聞きした義郎は愛人との関係のことと誤解し、家を出る。真生のHIV感染は家庭崩壊を招くことに。
母に励まされ啓吾の役に立とうと音楽出版社を訪ねた真生は、副作用のせいで倒れた。最後のコンサートのリハーサル中だった啓吾はそれを聞き、カヲルの制止をよそに真生の家へ向かった。その頃、気分の良くなった真生は、見舞いに来たイサム(加藤晴彦)に手伝わせ、啓吾の曲をかけてくれるようラジオ局にハガキを書いていた。
疲れて眠る真生の部屋に啓吾。ハガキを見て心を揺らす啓吾は、コンサートのチケットを置き、部屋を出る。その啓吾を真生が追いかけてきた。息を切らす真生に、啓吾はアメリカに行くことを告げ、「もう自分にはかまうな。迷惑だ」と突き離す。啓吾の言葉が信じられない真生。立ち去る啓吾を真生は無言で、見送るだけだった。
啓吾は真生が自分の中で、大切な存在になっているのに「迷惑だ」と言った自分が信じられなかった。そんな啓吾に、追い討ちをかけるように最後のコンサートが中止になった知らせが入る。やはりスキャンダルのせいだった。

すべて表示