閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

神様、もう少しだけ

#6 生きるための闘い・・・勇気を下さい

時間:47分

配信期間:2011年04月01日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

啓吾(金城武)の新曲をリリースしてくれる会社はなかなか見つからなかった。真生(深田恭子)との付き合いを嗅ぎ回るマスコミも気になる啓吾。
一方、真生は治療を受ける気になり病院へ。「生きる目標を持つことは、感染とは関係ないはず」。医師・平塚(伊佐山ひろ子)の言葉が心に突き刺さり、苦悩してきた真生に生きる力が湧いてきた。
病院の帰り、CDショップに寄った真生は、麻美(矢沢心)らにばったり。気まずさを感じる真生に「謝りたかった」と麻美が駆け寄ってきた。家では、義郎(平田満)と弥栄子(田中好子)が険悪なムード。「彼とは別れた。今、あの子を本気で支えられるのは私たちしかいない」。弥栄子の話を、立ち聞きした真生は胸が熱くなった。
意を決し学校へ通い始めた真生。登校すると、真生へのイジメは続いていたが、麻美が「ガキっぽいこといい加減によしたら」とクラスメートに向かって言ってくれ、真生を庇う。
麻美の言葉で、真生の回りに友達が戻ってきたが、真生は以前のようには打ち解けられなかった。真生は強くなっていたのだ。そんな思いを話そうと、真生は啓吾に会いに行った。張り込む記者の目を巧みに避け、啓吾はレコーディングスタジオから真生を連れ出した。真生は、あるがままの自分を知ってもらうため感染したことを公言したくなったと啓吾に話すが、啓吾は「世の中甘くない。上っ面だけ見て、切り捨てていくのが世間」と反応。そんな啓吾に真生はがっかりする。
義郎も「世間が知ったら」「世間から見たら」と、世間、世間を口にする。そんな大人たちに、自分らしく生きようと自覚した真生は反発心が生まれていた。

すべて表示