閉じる

FOD

重要なお知らせ:8月20日(火)「auID」「auかんたん決済」システムメンテナンス実施について

愛という名のもとに

#2 夢を追って

時間:46分

配信期間:2010年04月01日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

尚美(中島宏海)が意識を取り戻す。駆けつけた仲間は喜ぶが、それとは別に、病院の屋上で顔を合わせた貴子(鈴木保奈美)は、腰の落ちつかない時男(江口洋介)に、「ほっとかないから」とマネージャー意識を働かせる。
健吾(唐沢寿明)を訪れた証券マンの篤(中野英雄)は、健吾の父で代議士の健蔵(竜雷太)に株を勧めようとして健吾に断られるが、その断り方が気に食わないと、「お前は昔から俺を見下ろしていた」を怒る。
職を探している時男は、その資金として尚美の不倫相手・五郎(森本レオ)から100万円を脅し取る。
尚美の快気祝いは、学生時代から行きつけのレガッタで開かれるが、尚美が時男に「五郎から脅しとった金を返せ」と言ったことから、快気祝いがシラけたものになる。
翌日、則子(洞口依子)は、出版社に純(石橋保)の小説を持ち込むが、編集者から「才能がない」と言われる。一方、ドライブに出かけた健吾と貴子は口論となり、「息が詰まる」と言われた貴子は、「(結婚することを)考え直す」と言ってしまう。

すべて表示