閉じる

FOD

ハチワンダイバー

#11 最終回さよならハチワンダイバー

時間:36分

配信期間:2009年09月16日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

菅田健太郎は、中静そよが父親・桐嶋清十郎の死を受け、「鬼将会」の大将を継ぐと宣言したことに驚愕する。鬼将会が最強であることを証明するために、すべてのプロを倒すと言うそよ。菅田はそんなそよに、あなたを倒してでも連れ戻すと宣誓。そして、ふたりの対局がはじまる。桐嶋の退会駒を得たそよは、父の魂が自分を導くといって、父と同じ戦法で菅田の手を見切り、早々に勝利を収める。そんなところへ、師匠・鈴木歩人八段がやってくる。師匠の顔を見た菅田は、父親への想いをさらなる力にしているそよには勝てないと明かす。菅田と対峙した鈴木は、何もない盤上に駒の配置を示すと、それが江戸の名人が残した詰め将棋であると言う。「大迷路」と呼ばれる超難関の百番で、鈴木がかつて桐嶋を破るために一晩かけて戦ったものだ。それをお前ならどう解くかと、鈴木は尋ねる。“ダイブ”し覚醒した菅田は、目隠し将棋をするが、やがて行き詰まる。すると、鈴木は、それが今のお前の限界だ、将棋盤に潜るだけではこの難問を解くことはできないと言う。しかし、それでも諦めないという菅田の意思を知ると、将棋盤に潜るだけでは届かない境地があると教える。そこは、一局のすべてを悟り得る場所で、自分の殻を突き破らなければ到達しないという。しかし、そこにたどり着けば勝てると教えられた菅田は、力を得て、そよの元へ向う。

すべて表示