閉じる

FOD

ハチワンダイバー

#1 負け組が大逆転ダイブ覚醒

時間:36分

配信期間:2009年07月08日 10時00分 ~

視聴期限:購入から8日

菅田は、賭け将棋を生業とする真剣師として圧倒的な強さを誇る。菅田はかつてプロの棋士養成機関「奨励会」でプロを目指していた。そんな菅田の強さは評判となり、やがて対局相手がいなくなる。そんな折、どんな金額でも相手をする“受け師”がいると聞き、会いに行く。菅田が将棋道場を訪ねると“受け師”は対局中だった。菅田は“受け師”を見て驚く。年若い女性だったからだ。菅田は、その女性・中静そよに一局5万円の勝負を頼む。そよはそれを受けると、“持ち時間10分切れ負け”での勝負を提案する。つまり、持ち時間の10分を消化した時点で負けというルールだ。菅田は逆に“5分切れ負け”を提案。対局が始まった。7分58秒後・・・負けたのは、菅田だった。アパートに戻った菅田はショックから立ち直ると、そよへのリベンジを誓い、再び将棋の勉強をしようと意気込む・・・が、あまりの部屋の散乱ぶりに、目当ての本が探せない。勉強の前に掃除だと気負ってはみるが断念。そこで、清掃代行サービスを頼む。ほどなくして、清掃サービスのスタッフと称してやってきたのは、セクシーなメイド服姿の女性だった。とまどいながらも女性の顔を見た菅田は衝撃を受ける。そよにそっくりなのだ。思わず、「“受け師”さん?」と尋ねた菅田に、彼女は・・・。

すべて表示