閉じる

FOD

重要なお知らせ:Webサイトのリニューアルに伴うシステムメンテナンス実施について

GUNSLINGER GIRL ‐ IL TEATRINO ‐

GUNSLINGER GIRL ‐ IL TEATRINO ‐
GUNSLINGER GIRL ‐ IL TEATRINO ‐

作品概要

舞台はとあるヨーロッパ。
公益法人”社会福祉公社”―――
障害者支援のための首相府主催事業を表向きとするこの組織の実態は、
瀕死の少女たちに機械の体を与え「条件付け」を施し、その少女たちを使って政府に敵対する勢力を秘密裏に排除する諜報機関であった。
生きることと引き換えに「義体」となった少女たち。それぞれに一人ずつ担当官がつき、いつも行動を共にしていることから、兄妹(フラテッロ)と呼ばれている。
「条件付け」により生身の頃の記憶が封印された少女たちにとっては、担当官の命令に従い、銃を持ち戦うことが何よりも幸せなのだった。

モンタルチーノで任務についていた義体のトリエラは、極右テロ組織である五共和国派の天才暗殺者ピノッキオらと相(あい)見える(まみえる)が、戦闘の最中に不覚にも気絶させられてしまう。
ピノッキオとの戦いに敗れ、義体としてのアイデンティティを失い悩むトリエラ。
一方、ピノッキオは五共和国派のテロリスト、フランカ・フランコと行動を共にするなかで、次第に人としての感情が芽生えていくのだった。
戦うことでしか己の存在意義を見出せないトリエラとピノッキオ。
まるで合わせ鏡のような二人は、互いの存在を意識しながら、戦いという大きな渦の中に巻き込まれていく……。

義体や担当官など社会福祉公社の側の人間、そして敵対する五共和国派側、
それぞれの過去や想いが複雑に糸のように絡み合う群像劇は、
否応なく悲しきクライマックスの舞台へと向かっていく。

原作

相田裕

キャスト

ヘンリエッタ:阿久津加菜/リコ:塩野アンリ/トリエラ:榎本温子/クラエス:水野理紗/アンジェリカ:花澤香菜

スタッフ

■総監修:相田裕■シリーズ構成・キャラクターデザイン原案:相田裕■メインキャラクターデザイン・総作画監督:杉光登■銃器総監修:又野弘道■音楽:大谷幸■総監督:石踊宏■監督:真野玲■アニメーション制作:アートランド■製作:マーベラス
(C)相田裕/アスキー・メディアワークス,マーベラス
すべて表示

エピソード全 15 件