閉じる

FOD

フィギュアスケート西日本

官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) > 3巻

官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第3話】

作者名
:  御井ミチル
価格
:  150コイン
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  禁断Lovers
出版社
:  ぶんか社
ジャンル
:  女性

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

※この作品は「禁断Lovers Vol.110」に収録されております。重複購入にご注意下さい。