閉じる

FOD

重要なお知らせ:10月20日(日)「楽天ペイ(オンライン決済)」システムメンテナンス実施について
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

神武天皇「以前」 縄文中期に天皇制の原型が誕生した > 1巻

神武天皇「以前」 縄文中期に天皇制の原型が誕生した

作者名
:  宮崎正弘
価格
:  1500ポイント
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  
出版社
:  扶桑社
ジャンル
:  日本史

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

日本人の精神のふるさとは縄文にある
芸術の域にまで達する土偶文化が花開き、世界に誇る天皇制の源流へと溯れる縄文時代。
日本文化のルーツを探る旅から見えてくる民族の精神とは
考古学の最新の知見を踏まえて古代日本の実相に迫る歴史ロマン!

【目次より】
プロローグ 縄文土偶の芸術性
第一章 神武天皇はもちろん実在した
第二章 大和政権、邪馬台国と卑弥呼
第三章 『古事記』とて「近代の書物」だ
第四章 世界文明のなかの「縄文」
第五章 日本人の精神構造と道徳は縄文時代に確立されていた
エピローグ 大和言葉は縄文語が源流

・縄文人はどこから日本にやって来たか
・環状列石群には、いったいどんな文明があったのか
・縄文土器、土偶の素晴らしさ
・火焔土器はなぜ生まれたか
・『古事記』の前に聖徳太子によって『天皇記』、『国記』の編纂がなされていた
・大和朝廷にとって女王国の併呑など、取るに足らない事案だった
・『古事記』、『日本書紀』が作