閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

あじさいの唄 > 4巻

あじさいの唄 萩の巻

作者名
:  森栗丸
価格
:  550ポイント
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  ビッグコミックオリジナル
出版社
:  小学館
ジャンル
:  青年

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

▼第1話/星空▼第2話/花黒子▼第3話/月▼第4話/愚痴▼第5話/萩▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その一▼第6話/すずむし▼第7話/酒の味▼第8話/恋の膜▼第9話/しっぽ▼第10話/まるむし▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その二▼第11話/一人芝居▼第12話/前略母上様▼第13話/前略栗太郎君▼第14話/犬も食わぬ▼第15話/瓦版▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その三▼第16話/おつかい▼第17話/領域▼第18話/うわさ▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その四▼第19話/面接▼第16話/恋文●登場人物/栗太郎(幼くして母親をなくしたが、明るくて元気な男の子)、栗之助(捨て犬だったが、栗太郎に拾われ、家族の一員となった)、父上(栗太郎の父親。貧乏侍なので、傘を作って生計を立てている)●あらすじ/ある星のきれいな夜、物書きの秋月おしのは一人舞を踊っていた。そこに栗太郎の父上が現れ、落とした櫛を拾ってあげる。おしのは、それをとてもロマンチックな出会いだと思うのだが実際は…(第1話)。▼乱暴者の姫の所に、新しい世話人、花黒子文江がやってきた。花黒子はとても厳しく、姫に着物を一人で着させ、いたず