閉じる

FOD

ワールドカップバレー
消費税率改定に伴う価格変更のお知らせ

あじさいの唄 > 3巻

あじさいの唄 かざぐるまの巻

作者名
:  森栗丸
価格
:  550ポイント
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  ビッグコミックオリジナル
出版社
:  小学館
ジャンル
:  青年

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

▼第1話/石投げ▼第2話/居酒屋▼第3話/涙▼第4話/物想いの秋▼第5話/拾われてはみたけれど▼◎大江戸くりくり「御教訓」▼第6話/変身▼第7話/雪▼第8話/睡眠▼第9話/たき火▼第10話/硯▼第11話/おひなさま▼◎大江戸くりくり「昔話」▼第12話/春の香▼第13話/かざぐるま▼第14話/海▼第15話/枝毛▼第16話/感性▼第17話/まねっこ▼第18話/水無月▼第19話/作文▼第16話/告白●登場人物/栗太郎(幼くして母親をなくしたが、明るくて元気な男の子)、栗之助(捨て犬だったが、栗太郎に拾われ、家族の一員となった)、父上(栗太郎の父親。貧乏侍なので、傘を作って生計を立てている)●あらすじ/おてんばな姫は、自分が男に生まれれば良かったと思っていた。がある日、栗太郎に石投げを教わった姫は、同時に“優しい気持ち”も教えてもらう。彼に恋をした姫はその夜…(第1話)。▼栗太郎の父は、居酒屋で殿様とバッタリ出会う。いつまでも出世できず、傘貼り浪人のままの自分がイヤだと愚痴をこぼす父に、殿様は「殿といってもたいしたヤツはいない」と話す(第2話)。▼栗太郎の通う寺小屋の先生は、とても泣き虫。ある