閉じる

FOD

淫らな海水浴、水着をずらして指を挿れて > 1巻

  • 完結

淫らな海水浴、水着をずらして指を挿れて

作者名
:  汐見朝子
価格
:  300ポイント
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  
出版社
:  秋水社ORIGINAL
ジャンル
:  女性H

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

20世紀最高の天才画家、パブロ・ピカソ。彼の作品には、その愛人達との関わり合いがいつも大きな要素となっている。これは、その1人、マリィの物語だ。「私はこれから処女の君の体に火をつける…指と舌だけで」「あァ」「お乳をうんと舐めて」「あ…あ」「お豆も舐めて。クリクリと揉んでこすって」「ひ…ひあっ…や…」「おや…淫らな豆が尖って硬くなってきた」「イヤイヤッ」「イヤらしいな、ネトネト汁が垂れてくる」「ひいい」「このヌルヌルの穴の中にも指を入れよう」「ダメェ…なんだ…か、ヘン…なの。アア、もっとどうにかしてえ」「ダメだよ。思った通りだ。君はあどけない顔をしているくせに体は淫らだ。君の体は、私が欲しくてきっと悶え狂うよ」乳首を弾かれ、「ひいっ」