閉じる

FOD

月刊ねこだのみ > 10巻

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

巻頭は小学館・初登場&初・描きおろしの樹崎聖先生。自分の体験を漫画にした「孤高のライデン」。胸キュンのいいお話です。猫の動きがリアルです。もう一つビッグな描きおろしは近藤ようこ先生の「月夜の旅」。それに加えて、連載描きおろしの『にゃんでい』、『ぴいぼっち』『里親捜し』『言うほどみんな猫が好きかというとちょっとギモンである』もますますパワーアップ。「からかい上手の高木さん」が大ヒット中の山本崇一朗先生の「買い食い」。そして、ついに登場「闇に浮かぶ猫」の篠原千絵先生51ページのボリュームで読み応えあり。「みずほ草紙」の花輪和一先生の「猫の経立」は、懐かしくてちょい怖い世界です。ロマンスコミックでおなじみの小林博美先生のエッセイ漫画「猫バカ一代記」。「浮浪雲」のジョージ秋山先生の「秋深し」は、お花と猫のかわいいお話。「獣医ドリトル」は前号からの「暴力獣医師・花菱優!?」の後編。「ミル」の手原和憲先生は「忘れんよ…」でしみじみ。もんきぃ・さとう先生も『月刊ねこだのみ』描きおろし第2弾。愛猫ちゃあとのことを描いてくれています。杉作先生の「まとわりつく予感」は「にゃんからにゃんこ」から。ほかにも新

※デジタルデータの制作時間の関係で午前0時に更新できない場合がございます。