閉じる

FOD

銀河鉄道999 > 6巻

銀河鉄道999(6)

作者名
:  松本零士
価格
:  500コイン
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  ビッグ ゴールド
出版社
:  小学館
ジャンル
:  青年

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

▼第1話/プレーテッドシティの魔女▼第2話/ウラトレスのネジの山▼第3話/大酋長サイクロプロス▼第4話/ミーくんの命の館▼第5話/卑怯者の長老帝国▼第6話/霧の都のカスミ▼第7話/球状住宅団の大酋長 ●主な登場人物/星野鉄郎(機械の体を手に入れるためにアンドロメダを目指す少年)、メーテル(鉄郎とともに“999”で旅をする謎の女性) ●あらすじ/金色に光輝く惑星・プレーテッドに“999”は到着する。この星は、太陽はもちろん、生き物も建物もそして水までもすべてが金色に輝いているため、鉄郎は落ち着くことができない。そんなとき、何者かがメーテルのトランクを盗み出した! 慌てて犯人を追う鉄郎は、誤ってその犯人とともに下水道の中に落ちてしまう。すると驚いたことに、さっきまで光輝いていたその犯人の金色が水に流れ、鉄郎たちと同じような姿になった。聞けば、この惑星のものはすべて“あとから金メッキを施している”のだという…(第1話)。▼遠くから見ると、まるでサビの塊のような星・ウラトレス。この星の山や砂利はすべてネジで、建物にも必要以上にネジが使われている。ここではネジがあふれているのだ。その夜、激しい風