閉じる

FOD

銀河鉄道999 > 5巻

銀河鉄道999(5)

作者名
:  松本零士
価格
:  500コイン
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  ビッグ ゴールド
出版社
:  小学館
ジャンル
:  青年

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

▼第1話/霧の葬送惑星▼第2話/トレーダー分岐点▼第3話/雪の都の鬼子母神▼第4話/鋼鉄天使▼第5話/停時空間のかじられ星▼第6話/怒髪星▼第7話/幽霊世界のフィラメント▼第8話/沈黙の聖地 ●主な登場人物/星野鉄郎(機械の体を手に入れるためにアンドロメダを目指す少年)、メーテル(鉄郎とともに“999”で旅をする謎の女性) ●あらすじ/“999”が次の停車駅に着く直前、鉄郎はメーテルから「身に着けるように」と黒い布を渡される。そして「絶対に笑ってはいけない」と言われる…。深い霧と線香の匂いが充満している星・葬送惑星に降り立った鉄郎とメーテルは、突然すれ違った葬列の人々に襲われる。命は助かったものの気を失った2人は棺桶に入れられ、なんとそのまま墓場に埋められてしまった!(第1話)▼“999”のわきを別の型の鉄道がすれ違ってゆく。間もなく“999”は、銀河鉄道の分岐駅であるトレーダーに到着するのだ。多くの旅人が立ち寄るトレーダーは、多くの人が行き交い活気に満ちている。鉄郎はこの星がいっぺんに好きになった…。メーテルに無理矢理ホテルのおフロに入れられた後、鉄郎は食事をしにひとり町に出る。がし