閉じる

FOD

アプサラス > 7巻

アプサラス(7)

作者名
:  安部譲二/深山雪男
価格
:  550ポイント
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  ヤングサンデー
出版社
:  小学館
ジャンル
:  青年

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

▼第60話/初めて動いた!!▼第61話/僕は本気だ。▼第62話/最初からわかっていたんだ。▼第63話/僕は信じてる!▼第64話/ご案内いたします。▼第65話/丈夫な入れ物▼第66話/本当の力▼第67話/まだ序の口▼第68話/ありがとう…▼第69話/互いの命 ●主な登場人物/夏八木翔(賭博の女神・アプサラスの名を冠した幸運のサイコロを持つ、高校生。放課後は、託児所「ニコニコ園」で園長代理を務める心優しい好青年)、海野兆治(ニコニコ園に通うミナコのおじいちゃん。かつては博打に明け暮れた強者で、翔に色々な賭博を指南する。今も、いざとなると迫力十分)、夏八木太郎(翔の父で、ニコニコ園の園長。かつて捨て子だった翔を、実の子として育ててきた) ●あらすじ/これまでに六人の曲者たちを退けてきた翔。最後の対決は響子との、豪華客船内に作られたカジノでの3日間に及ぶ勝負だ。現在ルーレットで対戦中の二人だが、翔の手持ちのチップは響子のわずか1000分の1。この絶体絶命の場面から、翔に起死回生はなるのか…!?(第60話)。 ●本巻の特徴/手持ちのチップを響子の10分の1まで挽回した翔は、バカラで最後の勝負をす