閉じる

FOD

BASARA > 18巻

BASARA(18)

作者名
:  田村由美
価格
:  420コイン
プレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元
掲載誌
:  ベツコミ
出版社
:  小学館
ジャンル
:  少女

申し訳ございません。このサイトのコンテンツは国外からご利用することはできません。

作品内容

みごとに“大仏開眼の式典”をたたきつぶすことができた更紗(さらさ)たち。さらに、奴隷たちも逃がして大仏までも持ち去り、国王の権威を落とすことができた。更紗たちは、蘇芳(すおう)の都に戻ったが、休むまもなく今度は、太宰府の青年代表からの救援要請で太宰府へ。道中、京都の国王側の放った刺客を警戒する更紗たち。太宰府は、亡き四道(しどう)が治めていた都。更紗に同行した四道の妻の千手(せんじゅ)姫は、まだ国王軍が残っている街に飛び出して行ってしまう。一方、大仏殿から脱出した朱里は、今帰仁(なきじん)たちと再会を果たすことができた。そして朱里もまた新たな行動を始めていた…。