閉じる

FOD

みんなとオマエラ生配信

顔のないヒトラーたち

顔のないヒトラーたち


この映像はPG-12指定作品のため、小学生には助言・指導が必要です。

顔のないヒトラーたち

作品概要

1958年西ドイツ-アウシュヴィッツは知られていなかった
戦後、西ドイツは経済復興の波に乗り、多くの人が戦争の記憶、自分たちが犯した罪を過去のものとして忘れ去ろうとしていた。そんな時、一人のジャーナリストがアウシュヴィッツ強制収容所の元親衛隊員(SS)が、教師をしていることを突き止める。駆け出しの若き検事ヨハンは、上司の引き止めにも耳をかさず、ジャーナリストのグニルカ、強制収容所を生き延びたユダヤ人のシモンとともに、様々な圧力、苦悩を抱えながら、検事総長バウアーの指揮の下、ナチスがアウシュヴィッツでどのような罪を犯したのか、その詳細を生存者の証言や実証を基に明らかにしていく。
そして、1963年12月20日、フランクフルト・アウシュヴィッツ裁判の初公判が開かれた-。

キャスト

アレクサンダー・フェーリング/フリーデリーケ・ベヒト/アンドレ・シマンスキ/ヨハン・フォン・ビューロー/ヨハネス・クリシュ/ゲルト・フォス

スタッフ

■監督:ジュリオ・リッチャレッリ■脚本:エリザベト・バルテル/ジュリオ・リッチャレッリ■撮影:マルティン・ランガー/ロマン・オーシン■音楽:ニキ・ライザー/セバスチャン・ピレ
(C)2014 Claussen+Wöbke+Putz Filmproduktion GmbH/naked eye filmproduction GmbH & Co.KG
すべて表示