閉じる

FOD

ふたりの女

ふたりの女

推奨動画環境については「ご利用ガイド」をご確認ください。
視聴期限内であっても、配信期間を過ぎたコンテンツはご視聴になれませんので、あらかじめご了承ください。
著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。

ふたりの女

作品概要

連合軍がローマへの襲撃を開始した1943年の夏、母と娘の人生は完全に壊されてしまった。襲撃の嵐から逃れるために、未亡人のチェジーラは、娘ロゼッタを連れて山並みの連なる故郷へと帰ることを決意する。母と娘はとても仲が良く、ロゼッタの成長を母は自慢げに見守っていた。
故郷でなれない生活を送る母娘の前に、シャイなインテリ青年ミケーレが現れた。ミケーレはいつも前向きに人生を生きてゆくチェジーラに恋心を抱くようになるが、チェジーラの娘、ロゼッタはミケーレに心を奪われていた。母と娘はひとりの男を巡る愛情の渦に巻き込まれていった。それはもはや母と娘の戦いではなく、「ひとりの女」と「ひとりの女」の戦いとなっていた。そんな中。戦争はついに終結した。チェジーラとロゼッタはローマへの帰路をたどる。戦後の混乱で危険地帯と化した道中、ふたりは兵士たちによって無残にもレイプされてしまう。ショックのあまり、口をきかなくなってしまうロゼッタ。チェジーラにもはや娘と心を通わせることができないことを悟る。不安定な精神状態から知らない男たちに体を預け、朝帰りを続けるロゼッタ。あのレイプ事件のせいで人生の本当の意味を見失ってゆく様を、母はどうすることもできなかった。そんなある日、ふたりの元に一通の知らせが届く。ミケーレがドイツ軍に殺されたという悲しい知らせだった・・・。

キャスト

ソフィア・ローレン/ジャン=ポール・ベルモンド/ラフ・ヴァローネ/エレオノラ・ブラウン

スタッフ

■監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
すべて表示