閉じる

FOD

プラスセブン
7月度 プレミアム会員向け400ポイントプレゼントキャンペーン

侠客列伝

侠客列伝

推奨動画環境については「ご利用ガイド」をご確認ください。
視聴期限内であっても、配信期間を過ぎたコンテンツはご視聴になれませんので、あらかじめご了承ください。
著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。

侠客列伝

作品概要

明治40年春、賭博行為禁止条項を含む新しい刑法が施行。これに困惑した関東、関西の親分衆は、至誠愛国を掲げる日本大同会を結成し、当局の意向に応えようとする。会長には大阪天神一家・清水竹蔵が就き、結成式は箱根で行われることになる。そして、世話人には小田原の酒勾一家・円谷半次郎が指名される。全国親分衆を集めた盛大な結成式の場において、清水は出された料理に難癖をつけ、万座の前で半次郎を罵倒。さらには、その夜の大広間で開かれた賭場で再度の罵倒をする。思わず半次郎の手が胸のドスを握りしめると、この好機を逃さず、清水一派は半次郎の腹をドスで抉るのだった。そして、急遽開かれた日本大同会の臨時総会において、酒勾一家1年間の謹慎並びにシマはすべて中杉一家に譲るという一方的な決議となった。これに対し、半次郎の通夜をすませた代貸・伊之助以下30人は仇討ちの用意を始めるが、この事態を憂慮した関東筑波一家の坂上から、忍びがたきを忍んでも一家の立て直しをはかるのが、半次郎の遺志ではないかと諭し、この言葉に全員が涙をのんで従うのだった。だが、この長い苦しみと忍耐だけの生活に、一人、また一人と去っていき、残ったのは数人だけとなった。再び夏がめぐって来た。謹慎もあと数日を残すのみ。そんな中、人斬り浅と異名をとる直木浅次郎が、中杉一家にぶらりと草鞋を脱いだ。いよいよ、謹慎が解けるのを恐れた清水らは、謹慎期間中に酒勾一家を叩きつぶそうとの奸計から、廓で遊ぶ酒勾一家の喜平にわざと喧嘩をふきかける。我慢しきれず、ドスを抜いたところ、多勢に無勢、なますのように斬りきざまれる喜平。さらに、酒勾一家の最期の息の根を止めるべく、浅次郎に一宿一飯の義で伊之助を斬ることを命じる。息詰まる二人の対決。だが、その生死を決したのは、二人の対決の陰から伊之助を狙った1発の銃弾だった。あに図らんや、伊之助を庇った浅次郎が身代わりとなった。積年の憤怒を晴らすべく、伊之助を先頭に立てた命知らずの7人が、白だすきも勇ましく、日本大同会へとのり込んでいくのであった・・・。

キャスト

高倉健/菅原謙二/桜町弘子/大木実/関山耕司/長門裕之/里見浩太朗[旧・鏡小五郎/里見浩太郎]/宮土尚治/潮健児/唐沢民賢/五十嵐義弘/若山富三郎/中村竹弥/牧淳子/宮園純子/富司純子[藤純子]/橘ますみ/曽我廼家明蝶/中村錦司/志摩靖彦/河津清三郎/西田良/木谷邦臣/須賀不二男/遠山金次郎/遠藤辰雄/楠本健二/有川正治/岡田千代/藤山寛美/小島慶四郎/星野美恵子/前川良三/高並功/野口泉/京町一代/丸平峰子/白川浩三郎/江上正伍/東龍子/佐々木松之丞/鶴田浩二

スタッフ

■監督:マキノ雅弘■脚本:棚田吾郎
すべて表示