閉じる

FOD

魔法にかかった島々 樹木希林と瀬戸内国際芸術祭

魔法にかかった島々 樹木希林と瀬戸内国際芸術祭
魔法にかかった島々 樹木希林と瀬戸内国際芸術祭

作品概要

「昔から住んでいた人たちの中に現代アートが入り込んで、誰も拒まないとは、差別のないプロジェクト」樹木希林さんが、島々を巡る中で、最後に語った言葉である。今年新たにオープンした美術館の1つ、建築家安藤忠雄の「ANDOMUSIUM」や、廃校跡に7つの国と地域のアーティストが集結した「福武ハウス」、ヤノベケンジとビートたけし氏のインパクト作品など、様々な作品に触れると同時に、開催地の1つである小豆島の伝統産業、醤油蔵に足を踏み入れ歴史を感じる中で、アートと歴史の融合という新しい可能性を見いだす。また、一見、難しそうに感じる「現代アート」を“トリック”や“おまつり”といったキーワードで分かりやすく解説。英語やフランス語もルールを覚えると理解できるように、見るコツさえ掴めたら作品の意図が自分なりに解釈できるハズ!番組では、そんな現代アートの読み解くコツも伝授!!樹木希林さんのウィットに富んだコメントは、アート作品同様、番組の魅力の1つ

キャスト

樹木希林(ナビゲーター)/阪脩(ナレーター)
(C)KSB SETONAIKAI BROADCASTING CO., LTD All Rights Reserved.
すべて表示