閉じる

FOD

トレース~科捜研の男~

#4 2019/1/28放送 飛び散った血と涙 命を懸けた最後の嘘

時間:46分

配信期間:2019年01月28日 21時54分 ~ 2020年01月06日 23時59分

視聴期限:購入から8日

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見。発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死。また、室内は荒らされ、財布や預金通帳等がなくなっていた。真野(錦戸亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場へ。そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。
真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外の型は見つからなかった。しかし真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した飛沫血痕が気になっていたのだ。犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。
相楽は、浩司とは何年も会っていないと話し、浩司はうそを並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだとして、アイツは殺されても仕方のないうそつき野郎と言い放つ。
浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。そんな中、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。一方、携帯電話の履歴から、事件前、浩司は相楽に何度も電話し、ふたりで会っていたこともわかり・・・・・・。

すべて表示