閉じる

FOD

プレミアム会員向けポイントプレゼントキャンペーン

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

#8 2018/11/29放送 最終章!さよなら愛しい人

時間:45分

配信期間:2018年11月29日 22時54分 ~ 2019年10月10日 23時59分

視聴期限:購入から8日

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と真璃子(中山美穂)の娘、美咲(石川恋)が姿を消した。美咲は日野春輝(藤井流星)との結納をすませたばかりだ。テーブルには「先生とロンドンに行く」という美咲のメモ。相手が戸浪恭介(高田純次)だと完治に聞かされ真璃子は驚愕(きょうがく)する。しかし、それ以上に完治だけが関係を知っていたことに大きなショックを受ける。偶然2人が一緒にいるところを見たからだと完治は説明するが、なぜそのような場に完治が居合わせたのかも不信に感じ、真璃子はさらに動揺する。
完治と真璃子は日野家に経緯を詫びに行く。謝るしかない完治たちは、帰りに激高する冴(麻生祐未)に塩を撒かれる。昏倒しそうな冴を支え「僕も悪いんだ」と言う春輝の言葉に冴は疑問を抱く。
荻野倉庫に出社した完治が食堂をのぞくが栞(黒木瞳)の姿はない。そんな完治は朝礼で社長に想い出ボックスが評判になっていると称えられた。自分の手柄ではなく、川本保(礼二)たちが支えてくれたからだと応える完治。完治は銀行の融資を確約し、川本との距離も縮まりつつあった。
食堂で小俣房江(山口美也子)から栞が体調不良で休んでいると聞いた完治は家を訪ねる。すると栞は頑として会おうとせず、完治は追い返されてしまった。家に帰った完治は真璃子と2人きりの夕食。美咲を心配する真璃子を完治がなだめているとドアチャイムが鳴る。やって来たのは戸浪の妻、和代(松本留美)で・・・。

すべて表示