閉じる

FOD

THE 4400 シーズン3

THE 4400 シーズン3
THE 4400 シーズン3

作品概要

本シリーズは、04年の夏に全米最大手のケーブル・チャンネル“USAネットワーク”で5週間にわたって放映され、(04年度で)最高の平均視聴率を獲得。これは、ネットワーク局の人気ドラマ・シリーズの視聴率にも匹敵するまさに快挙である。さらにTV界のアカデミー賞と言われる、2004年度エミー賞ミニ・シリーズ部門の3部門(作品・脚本・撮影)にノミネート。また、本国アメリカでは今夏第3シーズンの放映完了と同時に、‘07年夏のシーズン4放映が決定し、人気と期待はさらに高まるばかりである。そうした人気と話題を集めた要因のひとつが、まずミステリーとしての斬新な設定だ。
過去半世紀にもわたって、各国で忽然と姿を消した人々がいた。その数、4400人。
そんな行方不明者たちが、2004年の現在、何の前触れもなく突然、宇宙から光の球体と共に舞い戻ってくる。彼らは年格好も失踪当時のまま、失踪中の記憶もない。ただひとつ、以前と異なる“特別な力”を身につけ戻ってきたのだ。と書くと、SFドラマのように思われるかもしれないが、本シリーズの視点は、あくまでもミステリー。いったい誰が、何のために、彼らが力を携え戻ってきた意味とは?といった謎に、国土安全保障省シアトル支部のエージェント、トムとダイアナが挑んでいく。
そんな提示される謎、そして意味深な4400たちの言動が、観る者を画面に引き込み、次はどうなる?と思わずにはいられないのだ。さらに、現実味のある人間ドラマも、本シリーズの魅力のひとつ。4400たちの帰還は、社会のみならず、残された家族を、そしてもちろん当の本人たちをもとまどわせる。その上、彼らは社会の脅威にもなりうる力を備えているのだ。その結果、攻撃され、迫害される。
そんな一番の被害者でもある4400たちの疎外感や心の痛みが、ひしひしと伝わり共感を呼ぶ。緊迫感のあるミステリーというだけでなく、ドラマとしても見ごたえのある内容なのである。そして明かされる衝撃の真実。
“過去”からやってきた4400たちが、じつは現在、さらには未来にも影響を与える存在であることを知ったとき、今後の展開への期待が否が応にも高まることだろう。

キャスト

ジョエル・グレッチ/ジャクリーン・マッケンジー/チャド・ファウスト/コンチータ・キャンベル/パトリック・フリューガー/ビル・キャンベル/マハーシャラルハズハズ・アリ/ローラ・アレン/メガリン・エキカンウォーク/ジェニー・ベアード
(C) MMXVIII CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved
すべて表示

エピソード全 26 件