閉じる

FOD

放課後

#4 何よりも大事な事

時間:46分

配信期間:2017年12月29日 00時00分 ~ 2018年12月28日 23時59分

視聴期限:購入から8日

あずさ(中身は浩平・観月ありさ) は浩平(中身はあずさ・いしだ壱成)が奈美(諸岡菜穂子)と交際することに反対するが、浩平(中身はあずさ)は「奈美のことはアタシが何とかする」と告げる。
浩平(中身はあずさ)とデートした翌日、奈美はあずさ(中身は浩平)に向かって、「浩平に私の方から迫ろうかな」と言ってあわてさせた後、浩平(中身はあずさ)に勉強を教えてもらうからと図書館へ。
浩平(中身はあずさ)はその日のバンドの練習をさぼるが、翌日にはバンド仲間に奈美と付き合っていることがばれる。あずさとの仲を心配した祐(葛山信吾)は「あずさをオレのものにする」と。
P'Sダイナでバンド仲間は、0Bのすすめる体育館でのクリスマスダンスパーティーの開催に賛成。生徒会副会長のあずさ(中身は浩平)に対して生徒会の了解をとるように頼む。
生徒会定例会であずさ(中身は浩平)は、ダンスパーティーの件を提案するが否決される。怒ったあずさ(中身は浩平)は、生徒会長の本庄(武田真治)を殴り、3日間の停学処分を告げる。
あずさの母・光江(田島令子)は、娘が不良になったのは浩平と交際し始めたからと怒る。浩平の家に文句を言いに出かけるが、浩平の父・正平(森本レオ)は浩平(中身はあずさ)に「後悔しないように生きろよ」とさとす。
その浩平(中身はあずさ)は、コンサートの実現に向けて生徒たちの署名運動を起こす。そして、全校生徒の3分の2の署名を集め、生徒会の再採決で委員の賛成を勝ち取る。だが、奈美は、浩平が懸命に動いたのは、あずさのためだと思う。
P'Sダイナで、運動が成功したことを祝ったあずさ(中身は浩平)が帰宅してみると、父・宗一郎(梅宮辰夫)からロサンゼルスに移住する話を持ち出される。一方の浩平(中身はあずさ)は、奈美から「嫌いなら嫌いと言って・・・」と難題を持ちかけられていた。

すべて表示