閉じる

FOD

明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~

明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~
明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~

作品概要

早川家の長男・律(りつ)(高杉真宙)(18)は母・恭子(富田靖子)(46)、弟の調(しらべ)(前田旺志郎)(14)、妹の奏(かなで)(田附未衣愛)(13)と穏やかで暖かな日々を送っていた。ところが、母の恭子が長期入院することになり事態は急変する。母・恭子の病名は“癌”、ひとり真実を告げられた長男の律は衝撃を受ける。先の見えない不安の中、母・恭子だけは何事もなかったかのようにいつもの笑顔を律に向けてくる。「お母さん、治してみせるから。だから心配いらないよ。」笑顔でそう言う母・恭子の言葉とは裏腹に、重い足取りで家に戻る律。そこには何も知らない弟妹が、夕飯のために注文したピザを前に大はしゃぎしていた。律は、居たたまれなくなり、台所へ引きこもると、母の絵入りレシピノートを見つける。それを見ながら律は思い出す。どんな時も、母の恭子は笑顔でご飯を作ってくれていたことを。そんな母のお陰で自分たちもいつも笑顔でいられたことを。と、弟たちがせっかくのピザをひっくり返してしまい食べられなくなってしまう。「夕飯、どうすんだよ」と嘆く弟に律は決意して言う。「兄ちゃんが作るよ」この日から、律は年の離れた弟妹のために母・恭子に代わって台所に立つようになる。母・恭子が笑顔でいる間はきっと素敵な明日が待っていると信じて。そんな律の思いが通じたのか、母・恭子の病状は快方に向かい、退院の日を迎える。ところがそんな矢先、律は衝撃の真実を知ってしまうことに。律は母・恭子とは血が繋がらない養子だったということを・・・。ある日、律は実の母・真也(まや)(河井青葉)(34)と、実の弟・路加(るか)(5)と出会う。律は、育児放棄(ネグレクト)気味の真也を目の当たりにし、路加を救い出したいと思い始める。

原作

■原作:小沢真理「銀のスプーン」(講談社「Kiss」連載)

キャスト

高杉真宙/富田靖子/山田純大/河井青葉/和田聰宏/芳本美代子/藤田弓子

スタッフ

■脚本:森山あけみ/西井史子/川嶋澄乃/中村由加里/藤本明里■音楽:市川淳■主題歌:高橋優「おかえり」(ワーナーミュージック・ジャパン)■プロデュース:松本圭右(東海テレビ)/西麻美(松竹)/原克子(松竹)/竹内絵唱(松竹)■演出:金子与志一/島﨑敏樹/木村政和■制作・著作:松竹株式会社■制作:東海テレビ
すべて表示

エピソード全 45 件