閉じる

FOD

救命病棟24時(第2シリーズ)

#11 さよなら愛しき人

時間:46分

配信期間:2013年06月01日 10時00分 ~ 2018年05月31日 23時59分

視聴期限:購入から8日

不正融資に絡み、検察も捜査のため接触しようとしていた三上幸二(須永慶)の突然の死は新聞沙汰にもなり、進藤(江口洋介)に代わり治療にあたっていたたまき(松雪泰子)や紗江子(木村多江)らは、事故調査委員会に呼び出されることになった。
救命の誰もがたまきの処分を心配する中、たまきの説明を神宮(津嘉山正種)が支持し、委員会は意外な展開を見せる。
だが小田切(渡辺いっけい)だけは、この時神宮が目前に学長選を控え、事を大きくしないことに必死だったことを知っていた。
三上の娘で弁護士の絵里(国分佐智子)は、たまきを優秀な医師だと認めた上で、なぜ父を救ってくれなかったかと告訴する姿勢を見せる。絵里の昔の恋人であった矢部(伊藤英明)も彼女に同情し、たまきや進藤に批判的だ。そのころ矢部が担当していた患者の容体が急変した。運び込まれた時、ただの貧血と診断を下されていたその患者には、先天的と見られる不正脈の兆候があったのだ。三上の死亡時とほぼ同時搬送されてきたため急患に集中していなかった矢部。彼の重大なミスを責める進藤。矢部は治療することを拒否し、救命センターを飛び出していった。

すべて表示