閉じる

FOD

恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?

映像を視聴するには、Adobe Flash Player 10.1.82以上が必要です。

【無料】#1 2012年3月16日放送 『悲しき慕情』

時間:55分

配信期間:2012年03月17日 00時00分 ~ 2019年03月16日 23時59分

秋田料理屋のカウンターで並ぶ宝池青子(佐々木希)と瀬尾純兵(石田卓也)。
純兵は中身もオチも無い話を延々としている。それでも青子にはそんな話でさえ、恋をしていたら全て魅力に映るようで、2年前に地元の秋田で初めて出会った時に一目惚れして以来、純兵に片思いをしているのであった。 
しかし、純兵には通称:姫と呼ばれる彼女がいることを青子は知っている。それでも2年間思い続けて高まった気持ちを抑えることが出来ない青子は、意を決して告白をしようと試みるが、純兵は青子のそんな様子に全く気付くことなく、相変わらずご飯をたいらげている。なかなか告白が出来ないまま時間は過ぎ、ついには純兵に「(店を)出よっか」と言われてしまう。しかも会計は割り勘で、もちろん2軒目にも誘われなかった。
青子は帰宅後、ひとり部屋で日本酒のパックにストローを刺し、飲み直すことに。やがて青子はだんだんと酔っ払い、眠りに落ちてしまう。青子が気付くと向かいには羊のメリーさんが座っていた。(※青子が夜、自宅で日本酒のパックを飲んで酔っ払うと、メリーは現れるのだ。)メリーは、「純兵は青子に気があるのでは?」とけしかけるが、青子は「色気も乳もないしなあ」とうなだれる。青子は、メリーに「どうやったら純兵と付き合うことが出来るのか?」と尋ねるが、顔をあげるとメリーはいなくなっていた。青子は生まれてから男の人と付き合った経験がなかったのだ。その原因は父、勝(梅沢富美男)にある。青子は思春期時代、過剰なまでの箱入り娘として育てられたせいか、自分の欲望を外に出さない自己完結型の性格になったのであった。
青子は目を覚ますと、6月の卓上カレンダーには5日の『脇の日』以外予定が何も書かれていないことに気づく。3ヶ月後に25歳になり戦国時代なら孫がいてもおかしくない年齢なのに、青子は処女のままであった。
翌朝、自宅を出ると隣の部屋から同じ年位の女の子が男と一緒に出てくる。青子は思う。「別にアラブの石油王との身分違いの恋とか韓流スターとの運命の恋とか、そんな夢みたいな事を願っているわけではない。私の願いはあんな風に好きな人と一緒にいたい。ただそれだけだ。それは贅沢な願いなのだろうか?」

すべて表示
  • 通信状況に応じて最適な画質で再生します
  • 映像が頻繁に止まる場合などスムーズに視聴できない方はこちら