閉じる

FOD

愛という名のもとに

#8 君が人生の時

時間:46分

配信期間:2010年04月01日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

時男(江口洋介)は、医療機器の販売会社に就職したが、大手の会社のために食い込めない。あげく、リベートを要求する教授に怒り、1週間で辞める。
それを知らない仲間は、時男の就職祝いをレガッタで催す。代議士の父・健蔵(竜雷太)に代わって、地元へあいさつに出かけた健吾(唐沢寿明)も参加する。
最後に現れた主賓の時男は、照れ隠しに「残業でよ」とごまかすが、先刻承知の貴子(鈴木保奈美)に、「なんで辞めたの?」と言われ、「上司にうるせえのがいて」と答えるのだった。
則子(洞口依子)の両親に会った純(石橋保)は、婚前交渉のことを非難され、結婚そのものがわずらわしくなって尚美(中島宏海)にそれを訴える。
健吾は、地元のゴルフ場建設で環境が破壊されていることに心を痛めているが、その一方で、JJ(ルビー・モレノ)と仲良くなっていく篤(中野英雄)のことも心配だった。篤は、「俺に貢ぐゼニはないよ」と言う。
その夕方、時男の事務所を訪れた貴子は、時男がパチンコ店に勤めたことを知り、新しい住所へ移ったらと勧める。その貴子は、生徒たちに、受験勉強ばかりでなく、楽しい学生生活を送らせようと、提案箱を作ったり、マラソン大会を企画したりするが、実りそうもなかった。

すべて表示