閉じる

FOD

重要なお知らせ:5月21日(火)「dアカウント」システムメンテナンス実施について

愛という名のもとに

#6 見失った道で

時間:46分

配信期間:2010年04月01日 00時00分 ~

視聴期限:購入から8日

教え子に襲われたことを知った貴子(鈴木保奈美)はショックを受け、純(石橋保)の子供を身ごもった則子(洞口依子)は、堕ろす気持ちを固める。
議員会館に健吾(唐沢寿明)を訪れた時男(江口洋介)は、健吾と貴子との間がおかしくなっていることを打ち明けられ、帰りに寄った貴子の家では、「結婚しないかも」と告げられる。
則子と一緒に産婦人科病院に出かけた貴子は、則子から「ジタバタしない」と言われるが、手術室に入った則子は不安に襲われる。駆けつけた尚美(中島宏海)に貴子は、純をはじめ、男ども全員に集合するよう呼びかける。その日の夕方、健吾は、父・健蔵(竜雷太)の第一秘書が貴子の母に結婚話を断念するように伝えたことを知る。怒る健吾に、健蔵は「政治家志望をあきらめることになるぞ」と諭す。
レガッタへ遅れてやってきた健吾は、婚約者がいること、政治家になる夢を捨てられないことなどを告げる。時男は「貴子と結婚しないということか」と尋ね、「結婚しろ」と言いながら、健吾を殴り続けるのであった。

すべて表示